目

緑内障を予防しよう|眼科の定期健診の大切さ

早期発見をする

先生

緑内障を耳にしたことがある人も多いでしょう。緑内障は目の病気の中でも多くの人に認知されている病気です。私達は情報を処理するために目と脳がうまく電動していることが必要になってきます。緑内障になると、目で見た情報を脳にうまく伝達することができなくなってしまうのです。その原因としては、緑内障は視神経に支障をきたしてしまう眼病だからです。

緑内障には慢性緑内障と言って症状の進行が遅い種類があります。慢性緑内障の場合は、普段生活している中で自覚症状に気づかないために、発見が遅れてしまうことがあるのです。そのため、症状に気付いた時には、病気がかなり進行しているケースがあります。一度視力が失われてしまうと元に戻すことができないので、早期に発見をすることが大切です。早期に治療を始めることで病気の進行を遅くすることができますし、症状の改善をすることができます。

慢性緑内障とは別で、急性緑内障もあります。急性緑内障はすぐに症状が表れるので発見することができます。急性緑内障では、頭痛や嘔吐、目の痛みなどが発生します。通常、目を健康に保つために、目は一定の眼圧を保っていますが、眼圧が上昇することにより急性緑内障が発生してしまうのです。少しでも目の異変に気がついたら、早めに眼科を受診することが大切です。緑内障の治療は病気の進行を遅らせることが目的となるので、眼科で適切な治療をきちんと受けるようにすることが大切です。

Copyright© 2015 緑内障を予防しよう|眼科の定期健診の大切さ All Rights Reserved.